今日は東京でダイエット講師養成講座でありました。やっぱりダイエットというのは女性にとっては永遠の課題なのですね。男だって全くお腹ぶくぶくというのもアウトですが。

今日僕が驚いたのは、みなさんアクティブの講師や講師になるための勉強をしているだけあって、セッションの途中でためにし15分くらいテーマを決めて話をしてもらったのですが、実に「上手」なのです。

本当に「この講師だったら痩せさせてくれるな!」という感じがするのです。

みなさん自身アクティブダイエットでやせて、今まで着たいなあと思っていた服がズバッと着れた喜びとか、お腹周りが一ヶ月で7センチ細くなって逆三角形になった男性の話とかおもわず「ホオオオオ!」と思ったものです。

痩せるというのは単に「数字」の問題ではありません。そうではなくて人生の問題なのです。

実は「私は痩せられるのだ」と確信できた人は、「なんでもできる!」と思うようになります。要するに自分に対してめちゃくちゃ自信がつくのですね。
はっきりいいます。どんな人でも絶対にやせられる。ただし条件があります。
「あなたの脳を気持ち良く正しく使うなら」です。
僕はこの方法で20キロ以上やせました。いや一時やせすぎました。

今回の講師養成に来た方はきっと多くの人の人生の「幸せの扉」をガンガンと開けることでしょう。
楽しみにしています。

そして研修会がおわり、懇親会のあと、一つ打ち合わせをこなし、そして上野公園で開催されている「江戸ウイーク」という催しにいってきました。
なぜここにいったかというと、この間栗城君が紹介してくれた「ちかけん」こと池田親生君がプロデュースしている「たけあかり」を見に行こうと思ったからです。
この「ちかけん」は実にユニークな若者で、竹を使ったあかりアートをこの10年やっていて、今全国からひっぱりだこなのです。
できたら来年の僕のコンサートでも、この竹をつかった何かの演出ができたらいいなあと思っていたのですが、実際に見てみるとなかなか面白いのです。なんとも「ジャパン」なイメージなのです。

「へええ」と思って上野公園を歩いていたら、どこからともなく「小田先生ですか?」という声が聞こえます。
あたりをきょろきょろ見渡したら、そこには僕が塾長をやっている「全陽塾」の美人塾生がふたり酒を酌み交わしているではありませんか。
人って本当に、いろいろ会うものですね。このふたりは「れいちゃん」と「おびちゃん」というのですが、「おびちゃん」が「毎日先生のブログを読んでいます。めっちゃ面白いですね!先生に会いたいと思っていたのです。ということはわたしがひきよせたのかな」といわれ、僕は「むむむ、そうか引き寄せられたのか」となんだか、魚が針で釣り上げられたような気分になっておりました。ひとしきりいろいろ話をしていると、そこで出店をしていた「伸太郎君」という葛餅屋の若社長が出てきて、いろいろ話を聞いていると、たくさんのご縁があって、俗にいう「世間はせまいなあ」という感
じがまたまたしたのであります。

今「ジャパンスピリット」を書いていますが、「江戸時代」は特に面白いです。
上野でやっている「江戸ウイーク」は9日の夜8時で終わりですが、もし時間があればいってみると面白いと思います。

そして「たけあかり」をみてみてください。
そして「葛餅」を買って見てくださいな。「伸太郎君」に「小田大大大先生からの紹介です」といえば、間違いなく安くしてくれると言い切れませんが、おいしいです。

夜は家に帰って、僕の音楽パートナーの平野君が新楽譜を持ってきてくれました。今回は「はなみずき」と「スタンドアローン」です。
明日から練習しよおっと。

明日は今度は、「試験に絶対受かるための学習法講座」の講師養成講座です。
さて明日はどうなることやら。
 
それではみなさんごきげんよう!