おはようございます。
東京は今トランプ大統領が来日していますから、なかなかものものしい警備です。昨日はそんななか東京で「集中力プログラム」をやっていました。

この「集中力」というのは、多くの人たちにとって大きな課題みたいです。
多くの方が、
「集中力がないんです!」
「すぐに気が散るのです」
ということなのですが、この「集中力プログラム」ではみなさん「あああああそういうことか!」ということで顔が晴れやかになります。

もちろんここでは集中力について全部お話することはできませんし、やはり現場で体験していただくより仕方がないのですが、ちょこっとだけ話しますね。

まず集中状態というものに対し、もしみなさんが眉間にしわを寄せて、ぐーっと真剣に取り組んでいる状態だと思っておられるなら、それは大きな間違いです。

集中状態というのは簡単にいうと、とても気持ちが良くて楽しくて、時を忘れて没頭しているような状態なのです。

そして集中状態がおきると何が起こるかというと、「自分の夢やビジョンが実現する」ということと、「とてもワクワクして楽しい気持ちと達成感が得られる」ということになるのです。

ではどうしたらその集中状態が生まれるのか?
そのアプローチは二つです。

一つは「自分の集中のエネルギーをぐんと高める」ということ。
もう一つは「集中を阻害する要因を意識的に排除する」ということなのです。

ここにたくさんのテクニックがあるのです。その全てのテクニックを駆使しなければ集中力が高まらないのではありません。

一つでも実行すればその分集中力は高まるのです。
みなさん、講座終了後、口々に
「年来の悩みが消えました」
「仕事のもやもやがふっとびました」
「自分は集中力がないとおもっていたけど、全く違いました」
「試験を受けることに不安があったけれど、完全に自信がつきました」
とおっしゃっていましたが、集中力こそがその人の人生を大きく変えます。

ある参加された女性が、こんなことをおっしゃっていました。
「私は今度フィナンシャルプランナーの試験をうけるのですが、目標がゆらぐことがあるのです。どうしたらいいでしょうか?」と。
フィナンシャルプランナーの試験は年に3回くらいあるはずなのですが、彼女は勉強しながら「大丈夫だろうか?」と思うそうです。

私は聞きました。「ところで、自分が試験に受かった後、どんな姿になるか見えていますか?あなたには『この人みたいになったらいいなあ』というフィナンシャルプランナーの知人はいますか?」と聞いたら、彼女はハッとした顔をして「あっ、いません」と答えました。

つまり、実は自分が試験に合格した後にどんな素晴らしい世界が待っているか全く見えていなかったというのです。これでは残念ながら勉強していくときに集中力は途切れます。

集中のもとは「こうなったら素晴らしい!」という欲求のエネルギーだからです。

「私は自分の目標が揺らいでいたのではなくて、集中のための、その目標がそもそも見えていなかったのですね。これから自分が目標になるような人をすぐに見つけて話しをしたいと思います」と語っていましたが、まさにそういうことなのです。

ちなみに今回の講座の中には、アクティブ・ブレインの認定講師でありながらも、「カリスマ・フィナンシャルプランナー」がすでに参加していましたから彼女はラッキーですね。

この「集中力プログラム」は、それこそ忘れたころにやっている講座です。
東京大阪名古屋でやっています。
みなさんも是非参加されるといいと思います。

さて今日は午後講演があるのですが、その前は僕が大好きな卓球を、3時間「しゅうちゅう」して楽しんで来ます。

それではこれから行ってきまあああーす!

みなさん今週も楽しい一週間にしてください!

ごきげんよう!