みなさんこんにちは、今僕は大阪に来ています。
昨日は名古屋でアクティブのアドバンスをやっていたのですが、みなさんの感想文を読んでいると、本当にアクティブはいいなあということを感じます。

「今までの人生の中で最も幸せに満ちた気持ちになりました」

「人生の生き方や考え方を見つめ直す機会にもなり、未来の見え方ががらっと変わりプラスになりました」

「存分にアクティブを活用し、一度きりの人生思いっきり楽しみ最後の瞬間に『生まれ変わっても同じ自分、同じ人生が良いな』そう思えるように人生を変えて行きます!」

「技法はどれもすばらしいし、大変有意義で最高なのですが、輪をかけてこの講座が楽しいのは、やはり技法を憶えるのが目的ではなくて、できるという自信やその元になる考え方、脳の使い方を学べたことです。あっという間に過ぎ去った今日の一日が、私のこれからの人生に大きく影響を与えて行くと確信しています」

「参加者全員」の方が、自分自身の大きな変革を体験していかれて、感想文を読んでいても僕はほんとうに心踊る気持ちがします。

でもでも、ものごとはそう簡単にはいかんのですな。アクティブを誰かから聞いて知った人は「へえそんなすごいのがあるのか!じゃあ早速受けてみよう!」という人もいますが、実はかなりかなり多くの人が「ほんまかな?」と思うのです。

「なんだかうさんくさそう」
「自分だけできなかったらどうしよう」
「本当に効果があるのかな?」
という具合にかなりブレーキを踏むんですね。
ですから「えいや!」と参加する人は、かなり勇気がある人なわけです。

アクティブが始まるとき、参加者の顔を見ていると、
「期待半分、不安半分」といったところでしょうか。
確かに昔は僕も教え方がどんくさくて、かなりの人が満足いく結果を出せないということもありました。

しかし、今は100%の人が満足行く結果を出しています。
考えてみると、小学校5年生から88歳までの人が一緒に参加できるセミナーなんというものは、日本に、いや世界には存在しないでしょう。

本当なら、マーケティング的にはもっともっと参加者のターゲットを絞りこんで、そこを集中的にせめ、高額のセミナーを開催したらよいのですが、僕は万人に受けてもらいたいと心から願っています。

これからアクティブが第二段階に入ります。
僕の力不足で、まだまだ多くの人に「あぁ、あの素晴らしいアクティブね。ぜひぜひ受けてみたいわ」と思ってもらえるまでにはまだまだです。
でもその成果たるや、他に比類なきものです。

僕としては少なくとも日本人全員に受けてもらいたいと思っていますが、
「みなさん!是非是非アクティブを応援してくださいませ!」

そして、一人ひとりの心の中に「ああ私ってすばらしい存在なのだなあ」という希望の灯火をつけて行きたいと思っています。

というわけで今日も大阪でアドバンスをやります。
みなさんも今日楽しい日曜日を過ごしてくださいませませ。

それではごきげんよう!