みなさん、お元気ですか。

昨日は研修でアクティブをしながら、また強く感じたことがありました。
それは「人が成長する姿を見ることは、他の人への大きなエネルギーになる」ということです。

今回のアクティブは、埼玉のある税理士の先生が主宰してくださったのですが、実はこの先生は今から20年以上も前に、私の研修を受けてくださったことがあります。
今年、またその先生とお会いする機会があり、今年の夏アクティブを受けていただきそして今回研修会が開かれました。

実はこの税理士の先生の奥様も夏のアクティブにご参加いただいたのですが、そのときは、最初は奥様は結構厳しい状況で、一日目の午前中は「ひどいなあ、帰りたいなあ」と思っておられたそうです。

しかし頑張って取り組んでいただいている中で、二日目、劇的に進化され、みんなの前でパフォーマンスを完璧にされたときには、みなさん割れるような拍手で、何人もの方が涙を流すというような状況でした。
それを見ながらご主人も「うるうる」としておられました。
そして、一緒に参加された受講者のみなさんも「よし私も頑張ろう」と心に誓ったのです。

奥様に「あのときみなさんすごく感動してましたよ」と私がお伝えしたら、奥様としては「あの時は自分のことで頭がいっぱいでみなさんがどうだったか全く記憶にありません」とおっしゃっていたのですが、実際にはすべての参加者の方に、エネルギーと勇気を与えておられたのです。

ご主人が「私のところにも、沢山の人が感動したと言ってこられたよ」と奥様に伝えたところ、奥様は「あら私のところには誰もそんなこと言いに来られませんでしたわ!」と笑っておられました。

私たちは、人々の並外れて優れたパフォーマンスを見ると感動します。
しかしそれがたとえ、他の人に比べてすぐれているわけでなくても、魂こめて頑張っている姿は間違いなく相手の心に届くと思います。

僕たちは、常にすごい成果を出せるかどうかは、わかりません。しかし魂込めてものごとを行うことはできます。
それが、人知れず相手の心を動かすのだろうと思います。

僕も、「小田さんの生き方をみて、元気が出た。私も頑張ろう」と思ってもらえるような生き様をしていきたいと思っています。

どうぞ今日もよき一日に!
ごきげんよう!

追伸:アクティブの認定講師も続々誕生しています。
私も!とおっしゃる方、来年2月にその人が成長していくためのファシリテーションと人間学をお伝えします。
お待ちしております。
 第29期ベーシック講師養成セミナー