みなさん、お元気ですか。

今僕は羽田空港で、福岡行きの飛行機を待ちながらこのブログを書いています。

昨日は伊勢神宮ツアーから帰ってきて、サントリーホールに野々村彩乃さんのコンサートを聴きにいってきました。
みなさんは彼女のことをご存知でしょうか?

昔彼女は高校生のときに全国オペラコンクールで優勝し、甲子園で「君が代」を歌い、全国を感動の渦に巻き込んだことがあります。その後オペラ歌手として活躍し、朝の連ドラの「とと姉ちゃん」でも挿入歌を歌っています。

今回彼女と知り合うきっかけになったのは、あの登山家の栗城史多(くりきのぶかず)君です。
栗城君から「日本の心を歌う素晴らしい歌手がいるのですが、是非ご紹介したいと思います」といって野々村さんを紹介されたのです。

その時僕は、彼女のことはあまり知らなかったので、YOUTUBEで聴いてみると、彼女の透明な声に感動しました。
是非みなさんも聴いてみてください。

コンサートはサントリーホールのブルーローズであったのですが、第1曲めが「君が代」でした。
本当にすばらしい響の歌声でした。
今回は演奏するピアニストがあと2人いたために、十分に彼女の歌を聞くことはできませんでしたが「からたちの花」など数曲聞くことができました。

明後日彼女は栗城君と一緒に我が家に来ることになっていますが、「日本の心を伝えたい」という彼女の気持ちと、僕がこれからやろうとしている「ジャパンスピリット運動」がどういう具合にスパークするのか楽しみです。

それにしても昨日の伊勢神宮では、いろいろな人から「小田先生ですか?」と声をかけられ、中には「今小田先生の話をしていたところなんです!」というような人もいて、変な気分でした。

またお詣りのあと、「おかげ横丁」をみんなで散策していたら、今度の「ジャパンスピリットコンサート」の実行委員をしていただいている古絃裕子さんから突然声をかけられ、これまた驚きました。

伊勢神宮という場所は本当に特殊な場所で、必ずといっていいほど、いろいろな人に会います。
これも神様の何かのおはからいかしら?と思いつつ、今日は眠い目をこすりつつAM6:00の飛行機に乗って福岡に行って来ます。

それでは今日もよき1日に!

ごきげんよう!