今日からブログを書くことにしました。なぜ今日からかというと「8月8日で末広がりでいいかなあ」というくらいなのですが、毎日人生に起こるできごとを自分自身の日記としてつけていこうと思います。

さて、今日から台湾8日間の研修の旅が始まりました。羽田から台北の松山空港までは3時間あっという間です。
空港につくと台湾のコーディネートをしてくださっている馬岡さんがまってくださっていました。
馬岡さんがカバンからおもむろに出したもの。
それは私の「新・陽転思考」の本の台湾版でした。今日がその発売日だったのですが、シルバーのイラストが無限大を表すなんともおしゃれな本にしあがっていて感謝感激。

それから出版社の商陽出版を表敬訪問しました。編集長さんをはじめ4人の編集者の方が集まってくださり、ひとしきり苦労話やアクティブ話に花が咲きました。
出版社でも力をいれてくれているようでベストセラー間違いなし!!

そして夕食は台湾フィールド研究家で博台湾在中25年の片倉佳史さんと会食でした。

台湾のすみからすみまで知っている方で、著書も多くその話の面白さはおしゃべりの私がいつまでも聴いていたいと思えるほど興味津津でした。

11月には片倉さんのガイドで「台湾研究スペシャルツアー」を敢行します。
非常にわくわく特別なツアーになること間違いなし。
ただ片倉さんの話を聞きながら、日本の台湾へツアーに来る人が台湾のガイドさんに「君は日本語がへただね」などと心無いことをいったり、大雨で博物館などが休館になったときなどに、その場で「博物館代を返せ」などと無理無体を言う日本人が最近よくでてきているそうです。台湾は本当に親日の国です。片倉さんはそんな話をきき、「なんともやりきれない思いがします」と語っていたのが印象的でした。
今回のツアーでは台湾と日本との歴史的な絆を深く追っていきたいと思っています。
今から楽しみ楽しみです。

そして今日の最後は台湾のアクティブ講師の若葉ちゃんと山口君とお茶をして散会となりました。
さてこれから8日間どんなドラマが台湾で待ち受けていることやら、
乞うご期待!