8月12日にNPO法人日本政策フロンティアが主催する歴史・公民教科書公開討論会 ~中学校の歴史・公民教科書は何を教えようとしているのか~
の記者会見を、文部科学省で行いました。

記者の方から様々な質問を頂き、翌日、産経新聞の朝刊で大きく取り上げていただきました。

CIMG0766.JPG

CIMG0768.JPG

当日はコーディネーターをさせていただきます。

こちらの公開討論会の趣旨は以下の通りです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
来年度(平成24年度)から使用される中学校教科書の採択が、8月末を期限に各地の教育委員会で行われています。特に、歴史・公民教科書については、教育基本法が改正されてから初めての教科書採択であり、法改正の趣旨を各教科書はどのように反映しているのか、国民の間に注目が高まってきております。この度、日本政策フロンティアでは、各教科書の特徴、他の教科書との違いなどを、一人でも多くの方に知っていただくことが大切であると考え、公開討論会を開催いたします。今回は、中学校の歴史・公民教科書を発行する7社の教科書会社に一堂に会していただき、各教科書の特徴、他の教科書との違いなどを披歴していただくことを目指しております。趣旨にご賛同いただき、周りの方々をお誘いのうえ、ご参加いただけましたら幸いでございます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
8月12日(金)午後6時から8時半まで場所は星陵会館ホールです。
お誘い合わせのうえ是非お越しください。

詳細はこちらから
↓↓
http://www.jpf.gr.jp/