昨日一昨日と、僕が顧問をしている税理士の先生方のグループで結成している「経営コーチ協会」の皆さんを中心に「新年伊勢神宮ツアー」をしてきました。

今回多分初めてだったと思うのですが、参拝の日に大雨が降ったのです。
僕の記憶ではどんなに1日目に雨が降っていても、内宮の参拝のときには必ずといっていいほど晴れ上がるというのが定番になっていましたから、驚きました。

しかしそんな雨の伊勢というのもなかなかいいものですね。
皆さん今年は「初詣」にいかれましたか?
僕は近所のお宮さんに行きました。

今回参加者の方の中から「お賽銭はいくらが一番ご利益がありますか?」という質問がでました。
まあ大体10円でも100円でも神様から見たら「おまえらそんなちょっとのお金で『商売繁盛』『家内安全』『恋愛成就』などなど強欲過ぎる!!!」と怒っておられるかもしれませんね。

まあ一応教養までにお話しますと、まあお賽銭なんていうのは「神様ありがとうございました」ということでいくらでもいいのです。
でもまあ有名なのは「五円玉でご縁がありますように」というのですが、五円玉二枚で「重ね重ねご縁がありますように」となり、5円玉8枚の40円で「末広がりにご縁がありますように」となり、5円玉10枚の50円で「五重にご縁がありますように」となり、5円玉97枚の485円で「四方八方からご縁がありますように」ということだそうです。

そして金持ちのひとが一万円をお賽銭で出したら「一万円」の「万円」を後ろから読んで「円万」すなわち「円満」となるそうです。
まあ気持ちですからね。大切なのは感謝の気持ちでしょうね。

さて今日は「念の力と出会い」というお話をします。
この4人で写っている何気無い写真。
実はこの写真は念の引き寄せなのですね。
僕の横で、「新陽転思考」を手にしておられる男性。この方は、昨年の暮、僕の講演を聞いておられました。そのとき、僕の本を買っておられました。

僕はそのとき、1月のこのころ伊勢に行くという話をしていたそうです。
この方も偶然このときに伊勢にいくことになり、僕に会いたいなあと思って、僕の本を持って伊勢に行かれたそうです。
しかしそんな上手い具合に会えるわけありません。
「やっぱり無理だろうなあ」と思っていたのですが、しかし帰りの高速のサービスエリアで、僕たちとばったりと遭遇したのです。
そんなことってあると思いますか?

前にもお話しましたが、伊勢にいくと不思議といろいろな人にばったりと会うのです。
今回も講義の中で話をしたのですが、本当に人生は「縁」のかたまりのようなもので、僕たちはまさに偶然のような必然のような出会いを重ねて、人生が進んでいきます。

今回ツアーに参加された方の中で「自分は自分でない、何か大きなつながりを感じました」という方がいらっしゃいましたが、本当に些細な出会いや些細な出来事が人生に大きな意味をもっていっているような気がします。

だからと言って今日、「牛丼を食べるか、カツ丼を食べるか?という些細なことで悩むことにも深い意味があるはずだ!」ということは全くありません。

というわけで今日も良き1日を!
ごきげんよう!