それにしてもめちゃくちゃ寒いですね。
みなさん、お体大丈夫ですか?

僕はこの寒い期間、北海道から長野、茨城、河口湖ととにかく寒い場所に選んで講演にいっているような気がします。
ですから、いつも喉の保護にはかなり気をつかっています。

昨日と一昨日河口湖で、僕が顧問をしている企業の戦略会議セミナーをしてきました。

とにかく寒くて、まさに空気が凍りついているという状況でしたが、とて充実した時間でした。

中でもその企業の「使命とは何か?」ということを徹底して議論したのですが、その企業はIT関係でものすごく社会的に価値のある活動をしているのですが、「経営理念」と「使命」が明確になったときに、ストンと腹に落ちてスカッとしました。

ちなみに企業の「ミッション」と「ビジョン」というものがどう違うのか、大体の企業は適当に使っているので、ちょっと正確に書いてみますね。

「ミッション」というのは「使命」ですから、日本語で書くと「企業がどのような社会を実現させることを目的としているのか」「なんのためにこの企業が世の中に存在しているのか」ということです。

その「ミッション」に基づいて、でてくるのが「ビジョン」です。このビジョンは「将来この企業がどんな姿になりたいのか」「そこにいたるまでにどのような道筋でそれを実現するのか」「社会の中でその企業がどのような姿で立っていくのか」ということです。

ですから「ミッション」がないままで「ビジョン」を作ると、それこそ「お金」や「形」のみを追いかけることになります。
人の本当の生きがいというのはやはり「ミッション」が自然と湧き出てくる状態なのだと思います。

私たちが何かをするときに「何をするか」「どうなるか」の前に「なんのためにやっているのか?」「これは誰の喜びのためにやっているのか?」ということがはっきりとした状態で行うと、本当に心の内側から、ふつふつと力がみなぎってくると思います。

それにしても厳冬の富士山は本当に息を呑むほど美しいです。
とても寒いですが、ぜひ富士山にいってください。そして河口湖にある「オルゴールの森美術館」にも足を運んでみてください。
僕の名前を出すと、入場料が半額になることはありませんが、みんなメンバーは僕の研修を受けているので、とびっきりの笑顔を返してくれると思います。
というわけで今日も良き1日を!

ごきげんよう!