みなさん、おはようございます。
新しい一週間の始まりですが、気分はいいですか?

朝テレビを見ていると、よく「星占い」などをやっていますが、あれはあんまり精神衛生上よくないですね。
「さあこれから一週間頑張るぞ!」と思っている時に、「今日一番運勢の悪いのは○○座のあなた!」などといわれたら、テンション丸下がりですね。

先日私の友人が朝テレビを見ていたら、星占いのコーナーをやっていて「今日最悪の運勢は『山羊座』のあなた!」と言われて愕然としました。
なぜなら彼は山羊座だったからです。

しかしその後このコーナーでは「しかしあなたの運気をあげる方法があります。それは頭を洗うときにリンスをたっぷりと使うこと!」と言われ、再び愕然としたそうです。
なぜなら彼は「スキンヘッド」だったからです。
「どうしてこの頭でリンス使うというんだ?!」と憤慨したというのです(この話は本人の承諾を得て書いています!)(笑)。
まあいろいろな雑音にめげず、今週も良い週にしていってください。

さて大分寒くなってきました。昨日はスピーチ講座の二日目だったのですが、本当にみなさん「立派」になります。最後の全員のスピーチのときなど、みなさん堂々たるもので、1日目とは全く見違えてしまいます。

それまでは話をすることが苦手な人が、どんどんと上手になっていく様子をみるのは本当に面白いですね。

僕はつくづく思うことがあります。
人間の能力ということについて「人は正しい考えに従って行動すればかなりのことができる」ということです。

以前、京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者であり、日本航空の名誉会長である稲盛和夫さんから、「人の成果というものは、能力と情熱と考え方の掛け算だ」という話を聞いたことがあります。

稲盛さんによると、
人の「能力」などというものはほとんど差がない。
しかし情熱というものは何倍もの違いがでてきます。
そして考え方というものは、それこそ間違った方向で考えたら、マイナスの結果を生み出してしまう。
..というのです。
本当にそうだなあと思います。

僕は、記憶にしても、あるいはスピーチや集中力にしても、また仕事でもスポーツでも音楽でも、もちろん才能というものはあると思いますが、自分の能力を発揮する正しい考え方を学び実践することで、自分の想いを実現できるということをいつも思います。

今回のスピーチ・プログラムの受講生の中に 沢田さんという人がいました。彼はアクティブを受け、また「学習法」を受け、そしてサラリーマンでありながら「社労士を目指そう!」と思ったのです。そして一週間前みごと合格しました。

社労士は今や合格率が5%という難関試験ですが、彼はアクティブを最大限に生かし合格したのです。

沢田さんは昔学習法を受けたその時に、僕が彼の手帳に「合格おめでとう!」という言葉を既に書いていて、心の中で自分が合格した姿をそれこそ何百回もイメージしたそうです。
本当に嬉しそうでした。

また、今回鍋谷さんという女性も参加していたのですが、彼女はいろいろな困難に遭いながら、「薬膳のお店をひらきたい」という夢をもち、それをありありとイメージすることで実現し、今茨木で人気のお店を経営しています。

「本当にありがとうございます」という言葉を聞きながら、「よかったなあ!」という思いが今でも湧いてきます。

今週もあなたの何かのスタートの週になればいいですね!
どうぞ今週もよき一週間に!

ごきげんよう!